IKEAの「LINNMON」レビュー【安いけどパソコンデスクにおすすめ!】

IKEA LINNMON と ウルトラワイドモニター

IKEA のテーブルトップ「LINNMON」をパソコンデスクとして使いはじめて 1 年以上が経ちました。

この記事ではパソコンデスクの購入や買い替えを考えている方向けに、IKEA のテーブルトップ「LINNMON」の画像やパソコンデスクとしての使用感をご紹介します。

IKEA のテーブルトップ「LINNMON(リンモン)」とは

IKEA(イケア)そのものは既にあなたもご存知かと思います。スウェーデン発の、世界中に展開している家具量販店です。

LINNMON は その IKEA が販売するテーブルトップで、別売りの脚と組み合わせて使えます。(テーブルトップと脚のセットもあります)

サイズは以下の三種類があり、私は「150×75 cm」の上にウルトラワイドモニターなどを置いてパソコンデスクとして使っています。

  • 120×60 cm
  • 150×75 cm
  • 200×60 cm

厚さは 3.4 cmです。

LINNMON に変える前はニトリの組み合わせデスクの天板(140×59 cm)を使っていました。

「LINNMON」がパソコンデスクとしておすすめの理由

まずは LINNMON を使って感じた良いところです。

とにかく安い

本記事の公開時点では、それぞれの大きさのお値段は以下のとおりです。

  • 120×60 cm:2,999円
  • 150×75 cm:3,999円
  • 200×60 cm:4,999円

さらに税込みです。

なお、テーブルトップとは別売りの脚も必要になります。高さ調節が可能な脚「OLOV(オーロヴ)」を使っています。こちらもいい感じです。

IKEA OLOV デスク脚

奥行きがあってウルトラワイドモニターでも適度な距離を取れる

IKEA LINNMON 右から

筆者は38インチのウルトラワイドモニターを使っています。

奥行きがせまいテーブルにウルトラワイドモニターや 4K モニターなど、大きなモニターを置くと以下のような心配がありました。

  • 画面との距離感が近くて圧迫感がある
  • 画面が近いと目に良くなさそう

しかし150×75 cm の LINNMON テーブルトップは奥行きが長く、ウルトラワイドモニターを置いても適度な距離を取ることができます。

これがニトリの机(奥行き59 cm)から買い換えての大きなメリットでした。59 cm と 75 cm の違いはかなり大きいです。

また、横の幅も広いため大きすぎないデスクトップパソコンなら机の上に置いても邪魔になりません。

「LINNMON」のいまいちなところ

逆にいまいちなところもあります。

大きいので部屋によっては置く場所を考える必要があるかも

IKEA LINNMON 左から

奥行き 75 cm の便利さの裏返しになりますが、大きめのため置く場所を考える必要があります。

あなたが筆者のように狭い部屋にお住まいであれば、以下を事前に確認しておくのがおすすめです。

  • ベッドなど、ほかの家具との距離を取れるか
  • 組み立てるためのスペースの確保

とはいえ筆者は 1K のアパート住まいですが、6畳ぐらいのスペースがあれば圧迫感は感じません。

安っぽさは否めない

IKEA LINNMON 表面

色はブラックやホワイトなど、5 種類から選べます。

筆者は「ホワイト/ホワイトステインオーク調」で木目調のような見た目のものを使っていますが、本物の木に比べて多少の安っぽさはあります。

ただ、よく見ないとわからない程度でもあるのであまり気にならなくなりました。

安っぽいといっても最大荷重は 50 kg あるため、11kg 以上のパソコン用モニターを置いても今のところ反り曲がったりすることはありません。

おわりに

IKEA のテーブルトップ「LINNMON」をパソコンデスクとして使った感想をまとめます。

  • 見た目の安っぽさは否めないものの、値段はとにかく安い
  • ウルトラワイドモニターを置いても広々と距離を取れる
  • 少し大きいので事前に置く場所の確認をおすすめ

もちろんウルトラワイドモニターだけでなく、4Kディスプレイやデュアルディスプレイでも使えます。

パソコンデスクを検討中の方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。