超コンパクト!スマホ用ミニ三脚「Joby グリップタイトONEマイクロスタンド」がおすすめの理由

Joby スマートフォン用ミニ三脚 グリップタイトONEマイクロスタンド スマホ装着

スマホでブログ用の写真を撮るときに、いつもブレないように気を付けていました。

fidn

簡単なのでいいからスマホを固定できる三脚がほしいな・・

と思いいろいろ選んだ結果、Joby というメーカーのコンパクトに折りたためるミニ三脚「グリップタイトONEマイクロスタンド」を買ってみました。

1カ月ほど使ってみて、スマホ三脚デビューの私でも簡単に使えていい感じだったのでご紹介します。

スマホ用ミニ三脚「Joby グリップタイトONEマイクロスタンド」とは

Joby というメーカーから出ている、手で握れるぐらいコンパクトに折りたためるスマホ用のミニ三脚です。

メーカーホームページによるとアメリカで設立した会社のようです。

JOBYはサンフランシスコ・ベイエリアで設立し、現在ペタルーマ(カリフォルニア州)で本社が位置している。2006年に革命的革新の「GorillaPod(ゴリラポッド)」を開発した後、「GripTight(グリップタイト)」やアクションカメラ用のサポートを順次開発し発売している。

ミニ三脚として使うときはこんな感じです。いたって普通ですね。

Joby スマートフォン用ミニ三脚 グリップタイトONEマイクロスタンド スマホ装着無し

スマホを付けたところです。足の部分はグリップが利きます。

Joby スマートフォン用ミニ三脚 グリップタイトONEマイクロスタンド スマホ装着

でも使わないときはこんなにコンパクトに折りたたむことができます。

Joby スマートフォン用ミニ三脚 グリップタイトONEマイクロスタンド 折りたたみ

「Joby グリップタイトONEマイクロスタンド」がおすすめの理由

組み立てと折りたたみが簡単

最初はちょっと組み立て方にとまどいましたが、一回わかってしまえば簡単です。

折りたたむところを動画にしてみました。ちょっとメカっぽくてかっこいいと思いませんか?

とにかくコンパクトで軽い

Joby スマートフォン用ミニ三脚 グリップタイトONEマイクロスタンド 折りたたみ 大きく
折りたたんだ時の大きさは以下のとおりです。

厚さ(一番出っ張っている部分): 約 1.8cm
長さ: 約 8.3cm

バッグだけでなく、ポケットにすら入るコンパクトさです。

重さは46gなので、一般的な女性用の腕時計よりも軽いですね。

幅が収まれば iPhone だけでなく Android スマホでも使える

スマートフォンの取付最大幅は 9.1cm のため、横にした iPhone だけでなく Android スマホでも使うことができます。

私の場合、iPhone 8 にパワーサポートのエアージャケットを付けて使っていますが、問題なく固定できています。

関連記事:【レビュー】パワーサポート エアージャケットセット for iPhone8/7 を iPhone8 に装着した感想

主要な大きめのスマホの横幅は以下のとおりなので、ほとんどのスマホなら問題なく使えます。

  • iPhone XS Max(77.4 mm)
  • iPhone XR(75.7 mm)
  • Google Pixel 3 XL(76.7 mm)

「Joby グリップタイトONEマイクロスタンド」のいまいちなところ

高さの調節はできない

Joby スマートフォン用ミニ三脚 グリップタイトONEマイクロスタンド 裏から
ミニ三脚として組み立てたとき、残念ながら高さの調節はできません。

このため高さが必要な場合には、棚やイスの上に置いたり、下に箱などを置いて高さを足してあげる必要があります。

縦には固定できない

先にも出てきましたが、スマートフォンの取付最大幅は 9.1cm です。このため、スマホを縦にして固定することができません。

とはいえスマホで写真や動画を撮りたいシーンでは、横に長いものを撮ることが多いです。私も今使っている限りでは縦にしたいと思ったことはないです。

おわりに

以上が Joby のスマホ用ミニ三脚「グリップタイトONEマイクロスタンド」の魅力でした。

組み立てが面白く持ち運びも簡単にできるので、スマホ三脚のデビュー用にまず手に取ってみてはいかかでしょうか。