Stack Overflow のステッカーを入手した方法と感想

エンジニア・デベロッパーであれば誰もが一度は利用したことがあるのではないかと思われるオンラインコミュニティである Stack Overflow のステッカーを入手してみました。

少々手間がかかりますが、入手した方法と感想をメモします。

Stack Overflow とは

デベロッパー向けのオンラインコミュニティです。技術系の QA サイトとして利用されることが最も多いと思われ、Google などでプログラミングで困ったことやエラー出力等を検索するとかなりの割合で検索結果に表示されます。

公式サイトでは以下のようにサイトの説明がされています。

Stack Overflow is the largest, most trusted online community for developers to learn, share​ ​their programming ​knowledge, and build their careers.

Stack Overflow のステッカーを入手する方法

ステッカーの入手方法は Stack Overflow Blog に記載されています。オンラインショップでの購入などではなく、所定の住所に返信用の封筒と返送料を含めた封筒を送ることで、ステッカーを入れて返送してくれます。往復の送料・封筒代は必要になりますがそれ以外に必要となる料金はありません。

送付先の住所や詳細な手順は How to Get Stack Overflow Stickers – Stack Overflow Blog から閲覧することが可能です。

こちらの記事は 2009 年のものですがコメント欄に「この方法はまだ使えるの?」といったコメントがあり、他のユーザからまだ使える方法である旨が返信されています。

しかし一番新しいコメントでさえ 2 年前(2015年)であるため、2017 年の現在でもステッカーがもらえるのか試してみました。

封筒と国際返信切手券の準備

封筒は 2 つ必要になります。一つはこちらから Stack Overflow へ送付するためのもの、もう一つは Stack Overflow からこちらへ返送してもらうためのものです。返送用の封筒には宛先に自分の住所をあらかじめ記載しておきます。

アメリカ外部の国から今回の方法でステッカーをもらう場合は返送料も封筒に含めておく必要があります。返送料は以下のいずれかの方法が選択可能です。

  • US $1
  • 国際返信切手券(International Reply Coupon)

今回は国際返信切手券を選択しました。国際返信切手券は郵便局で購入することができ、今回は 150 円でした。また、日本からアメリカへの送料分となる 110 円分の切手も郵便局で購入しました。

購入した国際返信切手券と切手です。
国際返信切手券と切手

国際返信切手券、日本からアメリカへの送料、宛名の記入方法は以下の郵便局のサイトを参考にしました。

画像のような感じで送付用の封筒を用意し、ポストに投函すれば発送が完了です。あとはステッカーが届くのを楽しみに待つだけです。
Stack Overflowへ送った封筒

ステッカーの到着

こちらから封筒を発送したのが 2017/07/14 でした。一か月を超えてもステッカーは届かないので今はもう使えない方法だったか・・とあきらめかけたところ、なんと 2017/09/20 に返信用封筒が到着しました!

発送した封筒に返信用封筒として入れたものと同じ封筒です。
Stack Overflowから送られてきた封筒

封筒を開けるとメッセージとともにステッカーが入っていました。実はこちらから送付するときに「いつも Stack Overflow に助けられています、ありがとう」といった手紙を同封していたのですが、それに対しての返信もくれるうれしい内容でした。チームに配りたいので少し多めに入れてね、とも書いていたのですがこれも見てくれたようで少し多めにステッカーを入れてくれていました。
Stack Overflowから送られてきたステッカー

おわりに

2009 年の内容なので半信半疑でしたが、現在でもまだ使える手順であることがわかりました。いつも使っているサイトのステッカーをノート PC に貼ることができるのはうれしいです。

Tech 系企業やサービスのステッカーは大好きなので、今後も色々なものを手に入れていきたいと思います。