【経験談】私が不登校の引きこもり大学生になった原因とすべきだった対策

私は大学生のころ 2 年間、不登校・引きこもりの生活を続けていた時期がありました。人生で初の挫折でした。

この記事はご自身や周りの方が不登校や引きこもりでお悩みの方を対象にしています。

実際の体験をもとに不登校・引きこもりになった原因と、すべきだった対策について自分への戒めとともに記載します。

不登校の引きこもり大学生になる前にするべきだった対策

結論からお伝えすると、不登校や引きこもりになる前にすべきだった対策は以下です。

  • プライドを捨てる
  • 学校で一人でもいいから友達を作る
  • 学校以外にも居場所や打ち込めるものを作る

この理由を実際に 2 年間引きこもって不登校だった体験からお伝えします。

私が不登校の引きこもり大学生になった原因

以下のような原因により、私は不登校の引きこもり大学生になりました。

  • プライドだけは高かった
  • 大学に入った当初、友達がなかなかできなかった
  • 現実逃避した

大学生で引きこもりの生活を続けていた時期

引きこもりの生活を続けていたのは、大学に入学した 1 年目から、2 回目の留年が決定するまでの 2 年間です。

単位が足りず大学 1 年生で 2 回も留年したため、結果的に大学 1 年生を 3 回もやることになりました。

関連記事:留年したあなたが就活を諦める必要など無い4つの理由

私が不登校の引きこもり大学生になった原因(実際の体験から)

プライドだけは高かった

中学校ぐらいまでは学校での授業にも問題なくついていくことができ、宿題や塾での勉強も難なくこなしていました。

また学校でのテストの順位は常に親に報告するよう言われており、順位や成績が悪いと叱られることもありました。

ただ、中学のころのテストでは大体いつも学年で上位 10%の順位には入っていました。

しかし高校に入ってだんだんと授業についていけなくなりました。この理由は高校 1 年のおわりごろにインターネットやネットゲームを知り、これらに夢中になり勉強の時間が減ったためです。

高校 3 年になると大学入試を意識しはじめるようになりますが、身の程を知らなかった私は以下のような考えでどこかの国立大学には入れるだろうと思っていました。

  • 自分ならなんとかなるだろう
  • まだ自分は本気を出していないだけ

当然ネットゲームに貴重な時間を吸われていた私の学力では国立大学に入れるわけもなく、結果的に入学したのはスベリ止めで受けた私立大学でした。

大学に入った時点でも「自分が入るべき大学はこんなところじゃない」と本気で思っていました。

大学に入った当初、友達がなかなかできなかった

大学では地元を離れ、別の件に引っ越して一人暮らしをさせてもらっていました。

同じ高校出身の同級生は居たようですが、知り合いはおらず完全に一人ぼっちからのスタートです。

同じマンションに住んでいた同級生で声をかけてくれた人もいましたが、プライドだけは高かった私は特に仲良くなろうともしませんでした。

大学に入った当初は講義に出ていましたが、もともと自分から進んで声をかけるようなタイプではなく、いつも 1 人で授業を受けていました。

やがて以下のように考えるようになり、大学に行く回数がだんだんと減っていきました。

  • 大学に行ってもつまらない
  • 一人がつらい

現実逃避した

大学に楽しみを見出せなかった私の唯一の楽しみは、高校生のころから続けていたネットゲームでした。

ネットゲームをやっているときだけは、学校のことや時間を忘れることができました。

以下が引きこもり生活のときにやっていたネットゲームです。

  • Helbreath(ヘルブレス)
  • リネージュ II
  • Master of Epic(マスターオブエピック)

それぞれ少しだけ説明させてください。

Helbreath(ヘルブレス)

Helbreath(ヘルブレス)の思い出

マイナーゲームだったのでご存知ない方が多いと思いますが、韓国産の 2D 画面の MMORPG です。

魔法や武器を使った PvP(プレイヤー対プレイヤーの戦い)が大きな特徴のゲームでした。今でも思い出に残っている最高のゲームです。

リネージュ II

リネージュIIの思い出

Helbreath(ヘルブレス)に飽きたころ始めたのがリネージュ II です。2019 年現在でも PC・スマホでサービスが続いているゲームです。

初めてプレイする 3D 画面のネットゲームで、グラフィックが美しくウォリアー(戦士)やクレリック(回復職)などの職業があり、パーティープレイや広い世界の冒険が面白く、2 年近くプレイしました。

Master of Epic(マスターオブエピック)

Master of Epic(マスターオブエピック)の思い出

リネージュ II を人間関係に疲れてやめた後にはじめたのが Master of Epic(マスターオブエピック)です。2019 年現在でもサービスが続いているゲームです。

時代を行き来することができる特徴があり、レベルではなくスキルを上げて色々な職業を楽しめる Present Age(現代)や、PvP(対人戦)を楽しめる War Age(ウォーエイジ)など魅力的な要素が盛りだくさんでした。

ネットゲームにこれほどまでにハマってしまう理由

2 年間の引きこもり生活でネットゲームにどっぷりとハマりました。

これほどまでにハマった理由は現実世界では認められることがなくても、ネットゲームの世界では周りからの承認欲求を満たすこととが簡単だからです。

例えばリネージュ II のとき私はタンカー職(モンスターの攻撃を引き受ける壁のような役割)をプレイしていました。

タンカー職では以下のような立ち回りをすると、一緒にプレイしている仲間から感謝され、承認欲求が満たされます。

  • 敵を倒したらすぐ次の敵に向かう
  • 仲間が攻撃されそうになったらモンスターを引き付ける

その他のゲームでも、レベル上げで手に入れた強力な技や魔法で対戦相手を倒したときなどに優越感が得られました。

この繰り返しによってどんどんゲームから抜けられなくなってきます。

不登校の引きこもり大学生になる前にするべきだったこと

プライドを捨てる

自分はこんなはずじゃない・自分は周りとは違う、といったプライドを持っていて良いことは一つもありません。

また、意外にも周りの人は自身が気にしているほど自分のことは見ていません。

プライドを捨ててしまうとラクです。

学校で一人でもいいから友達を作る

学校に一人でも友達がいると、学校に行くモチベーションが上がります。

実際に私が引きこもり生活を終えたときも、真っ先にやったのは友達作りでした。

知らない同級生に最初の一声をかけるのは勇気がいりますが、「これを言ったらどうなるかな?」という反応を見るだけの実験をしてみるつもりだと、声がかけやすいです。

私がはじめて友達作りを試したときに言ってみたのは、講義で隣に座っていた人に「よかったらお昼べにいかない?」でした。

これははじめ断られて心が折れかけましたが、午後の授業が終わった後に

さっきは断ってごめん・・カップラーメン持ってきてて・・

と逆に相手から声をかけてもらい、そのあと大学卒業までの 4 年間授業を共にする友人になることができました。

学校以外にも居場所や打ち込めるものを作る

学生の場合は夕方か少し前の時間まで授業がありますが、学校やサークル活動以外の時間も打ち込めることがあると、人生そのものが充実してきます。

私がとった行動はアルバイトのシフトをとにかく入れて暇な状態を作らないことでしたが、そのほかに打ち込めるものとして以下のような例があります。

  • 筋トレする
  • プログラミングを学びなにか作ってみる
  • ブログやYouTubeなどで役立つ情報を発信する

ゲーム配信者になるという選択もありますが、ゲームそのものに入れ込みすぎないように注意が必要です。

おわりに

不登校や引きこもりになる前にすべきだった対策をもう一度まとめます。

  • プライドを捨てる
  • 学校で一人でもいいから友達を作る
  • 学校以外にも居場所や打ち込めるものを作る

人生に挫折はつきものですが、それと同時に大きく考え方を変えたり成長できるチャンスでもあります。

この記事が少しでも不登校や引きこもりについてお悩みの方の参考になれば幸いです。

関連記事:留年したあなたが就活を諦める必要など無い4つの理由