キプリス(CYPRIS)のシラサギレザー長財布を購入した理由とレビュー

4年近く同じ長財布を使用していましたが、少々革がくたびれてきたこともあり少し前に新しい財布を購入しました。

今回はキプリスの小銭入れ付き長財布を購入したため、購入した理由と2か月ほど使った感想をメモします。

購入した財布「キプリス シラサギレザー長財布」

今回購入したのはキプリスというブランドの小銭入れ付きの長財布です。他にも購入にあたり候補にしていた他のブランドの財布もいくつかありましたが、百貨店で実際にいろいろ見てみた結果、革の見た目とシンプルさに惹かれこちらに決めました。

キプリスは株式会社 モルフォが展開するブランドの一つです。ブランド紹介ページに記載されているとおり小銭入れなどの商品も展開しており、日本製かつハンドメイド比率が 70% と高い割合を超えるとのことです。

小銭入れから札入れまでの数多くのアイテムがラインナップされるキプリス。通常の革小物よりも工程数が多い上、ハンドメイド比率が70%を超えます。

他ブランドの候補としていた財布と何度も比較しましたが、上記のような手の込んだ製品でありながらコストパフォーマンスが他のブランドの財布と比較すると群を抜いて高い点も魅力に感じました。

キプリス シラサギレザー長財布(小銭入れ付き)

購入したときに撮った写真を iPhone 故障で失くしてしまったため、使用をはじめて二か月ぐらいの現時点で改めて撮った写真です。

緑色のシンプルな箱に入っていました。
キプリス シラサギレザー長財布 外箱

何も入れていない状態です。シラサギレザーという革はあまり聞いたことのないものでしたが、表面にうっすら光沢があります。
キプリス シラサギレザー長財布 表面

近くでみるとわずかに革がキラキラしています。実物を見て気に入った点の一つです。
キプリス シラサギレザー長財布 表面ズーム

内側に CYPRIS の文字が刻印されています。
キプリス シラサギレザー長財布 ロゴ

カード入れは両面にあり、約 10 枚程度収納することができます。角にMADE IN JAPAN の文字が刻印されています。
キプリス シラサギレザー長財布 カード入れ

小銭入れ側です。上からみた図。
キプリス シラサギレザー長財布 カード入れ・小銭入れ

横から見た図。
キプリス シラサギレザー長財布 小銭入れを横から見た図

お札を入れる場所が小銭入れの横に2つあります。お札の種類を分けたい場合や商品券などを分けて入れることができます。
キプリス シラサギレザー長財布 札入れ

裏面は表面と比較すると平たくなっています。
キプリス シラサギレザー長財布 裏面

お札や小銭、カードを入れて閉じたところです。少し膨らみますが形は保たれています。
キプリス シラサギレザー長財布 閉じたところ

使ってみた感想

かっこいい

ラウンドジップでない、かぶせ蓋タイプの長財布を使用するのは初めてでしたが見た目がシンプルでかっこよく、所有する満足感があります。コードバンなどより高級な革と比べると違いがあるのかもしれませんが、シラサギレザーも十分に良いものだと感じました。

お札を入れるときに少しコツがいる

カード入れと小銭入れの間のお札スペースにお札を入れる際、底のほうが若干山折りのようになっているため、お札を奥まで差し込むためには山になっていないどちらかに寄せる必要があります。
キプリス シラサギレザー長財布 山折り部分
最初何に突っかかっているのかわからず何回かお札を入れなおすことがありました。わかってしまえば簡単ですが、少しコツが要ります。

カバンに入れて財布を持つようになった

以前のポールスミスのラウンドジップ財布はガンガン尻ポケットに入れて使っていましたが、さすがに 4 年間もそんな使い方をしていると座った時などについたシワなどが目立つようになりました。

今回のキプリスの財布はさらにデリケートに見えることもあり、近所に買い物に行くとき以外はカバンに入れて持ち歩くようになりました。

スーツの内ポケットに収まりやすい

スーツの内ポケットに入れたときの違和感は以前のポールスミスのラウンドジップ財布に比べ明らかに少なくなりました。ラウンドジップ財布よりも全体の大きさが少し小さく、厚みも抑えられているためではないかと思います。小銭はあまり大量に入れないほうがよさそうです。

おわりに

4 年ぶりの財布の新調でしたがシンプルでありながら満足度が高いものだと思いました。他のシラサギレザー製品も気になります。

手入れしつつ長く使っていきたいと思いますが、もし次回買い替える時が来た時も変わらずラインナップされていてほしいと思える財布です。