iPhone がリンゴループ・リカバリ不可能な状態に・・・故障への対処と復帰した方法


iPhone 復帰完了

iPhone8 が急に Apple マークのまま反応しない状態(リンゴループ)に陥り、リカバリモードにしても更新・復元ともにできない状態に陥ってしまいました。

iPhone が直って使えるようになるまで若干大変だったので、実施した対応方法をメモします。

iPhone が急にリンゴループに

PC で作業をしておりふと iPhone を見たところ、操作をしていない&充電の残りも十分にあるはずの状態で Apple マークが表示された状態になっていました。

iPhone リンゴループ

突然の再起動は今までもごくたまに発生することがあったため、またかと思いつつ待ってみるものの、一時間以上たっても Apple マークが表示された状態から変わりません。いわゆるリンゴループです。

強制再起動とリカバリモードを試す

Apple のサイト等を調べてみたところ、このような場合に対処できる可能性があるのは以下のものがありました。

  • 強制再起動
  • SIMカードを抜いての強制再起動
  • リカバリモード

最初に強制再起動を試すことにしました。強制再起動は iPhone8 の場合音量を上げるボタンを押してすぐ放す・下げるボタンを押してすぐ放した後、サイドボタン(電源ボタン)を押して電源が切れ・再び Apple マークが表示されるのを待つという方法で行えますが、SIM カードを入れた状態・抜いた状態それぞれで実行しても状況は改善しませんでした。

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus の場合:音量を上げるボタンを押して、すぐに放します。音量を下げるボタンを押してすぐに放してから、リカバリモードの画面が表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

次に PC に接続して iTunes でリカバリモード(強制再起動の状態からさらにサイドボタンを押しっぱなしにしてリカバリモードの画面になるまで待つ)を試すことにしました。

iPhone リカバリモード

まず試したのは更新(iPhone のデータはそのままで iOS のみ更新)でしたが、iOS ダウンロード後に「更新されたiPhoneソフトウェアを確認中…」の画面から一時間以上待っても進みません。数回試しても同じ状態でした。

iPhone 更新中のまま進まない

最近撮った写真(バックアップしていない)などが消えるのは惜しいものの iPhone が使えないのは困るので仕方なく復元(iPhoneを工場出荷時の状態に戻す)でリカバリモードを試しましたが、こちらも「iPhoneの復元を確認中…」という画面から先に進みません。

ケーブルを抜くと「iPhone “iPhone”を更新できませんでした。不明なエラーが発生しました(9)。」というダイアログが出ました。

iPhone 更新できませんでした

「もっと詳しく」を押すと以下の Apple サイトが表示されます。

「エラーコードに応じた手順」というリンクからエラーコード 9 に該当するページも見てみましたが、ページに記載の方法を実施しても状況は改善しません。

iPhone アップデートログを見てみる

そもそもエラーコード 9 はアップデートや復元処理が止まった後にケーブルを抜いた時に出るものなので根本原因ではないのではないかと思い、アップデートのログを見てみることにしました。

iPhone のアップデートログは Windows 10 の場合、下記のパスiPhoneUpdater 1.logのようなファイル名で存在しました(数字はアップデートするごとに増えるようです)。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPhone Updater Logs

数回分のログを見てみたところ、どうも毎回Completed checkpoint id: 0x61Aというところから先に進んでいないようです。

[02:42:30.0067] Completed checkpoint id: 0x614
[02:42:30.0070] Completed checkpoint id: 0x654
[02:42:30.0079] Completed checkpoint id: 0x654
[02:42:30.0082] Completed checkpoint id: 0x615
[02:42:30.0085] Completed checkpoint id: 0x615
[02:42:30.0088] Completed checkpoint id: 0x616
[02:42:30.0506] no override trust object found
[02:42:30.0518] Completed checkpoint id: 0x616
[02:42:30.0521] Completed checkpoint id: 0x617
[02:42:30.0554] Completed checkpoint id: 0x617
[02:42:30.0557] Completed checkpoint id: 0x618
[02:42:30.0560] Completed checkpoint id: 0x618
[02:42:30.0563] Completed checkpoint id: 0x619
[02:42:30.0568] Completed checkpoint id: 0x619
[02:42:30.0570] Completed checkpoint id: 0x61A

こちらでググってみるとチェックポイントの番号は違うものの、Apple のフォーラムに以下のようなページが見つかりました。有志のコメントですが、どうもハードウェアの問題ではないかという書き込みがあります・・。

Then you probably have a hardware problem.

ちなみにアップデートログによるとエラーコード 9 はFailed to receive message from deviceという内容のようです。

[12:23:41.0581] <Restore Device 0000024867A4XXXX>: Restore failed (result = 9)
[12:23:41.0581] Finished RestoreOS Restore Phase: Failed
[12:23:41.0581] State Machine Dump, status:ERROR - [state:Recovery remaining-cycles:0] -> [state:RestoreOS remaining-cycles:0 (current state)]
[12:23:41.0581] Changing state from 'Restoring' to 'Error'
[12:23:41.0581] State is now set to error
[12:23:41.0581] Restore completed, status:9
[12:23:41.0581] Restore Checkpoint Fingerprint: 060E.0000
[12:23:41.0581] Failure Description:
[12:23:41.0581] Depth:0 Code:-1 Error:AMRestorePerformRestoreModeRestoreWithError failed with error: 9
[12:23:41.0581] Depth:1 Code:9 Error:Failed to receive message from device

Genius Bar 予約や配送修理手配を試みるも Apple IDでログインできない

リカバリモードを何度か試してもダメであること、ハードウェアの問題の可能性があるということから、自分で何とかできる状態ではなさそうと判断し Genius Bar で修理のため予約を手配しようとしました。

Genius Bar は今まで使ったことがなかったのですが予約が推奨されているようなので、下記の Apple サポートページから iPhone を選択し、現在の状況である「システムパフォーマンス」→「復元またはアップデートが期待通りに動作しない」を選択しました。

iPhone 問い合わせ内容選択

ここで予約に Apple ID が必要なので ID・パスワードでログインしたところ、Apple ID に 2 ファクター認証を設定していたため 2 ファクター認証のコード入力画面が現れました。

Apple ID 2ファクタ認証

しかしコードが送信される iPhone は使えない状態です。SMS でコードを送ることもできますが当然 SMS も受け取れません。2 ファクター認証を設定したときはこんな状態に陥ることを予想していませんでした・・・。

Genius Bar 以外の方法はどうかと思い「配送修理」も選択してみましたが、こちらも Apple ID が求められます。

その他の方法は以下のものがありました。

  • 今すぐアドバイザーと話がしたい
  • 指定した時間に電話してほしい
  • 後日電話したい

・・・が、すべて電話を使用する方法です。肝心の電話(iPhone)はリカバリモードのマークが表示されたままで機能しません。

このあたりでかなり「やってしまった」状況であることがわかってきました。

他の方法を調べたところ下記の URL にあるアカウントの復旧というものがありましたが、クレジットカード番号は用意できるものの iPhone で使っているもの「以外」の電話番号が必要な上、復旧に時間がかかるとのことでいつ Apple ID が使えるようになるのかもわかりません。

別のSIMフリースマホを購入

このあたりで Apple ID を使うためには電話が使えないのは致命的であること、Google Authenticator に設定しているその他の 2 段階認証を設定しているサービスも使えない状態に陥りそうなこと、電話という手段に対して今まで冗長化を考えていなかったことから、SMS 受け取り用の適当な SIM フリースマホを購入することにしました。

お急ぎ便が使える Amazon で探すのはすぐに決めましたが、どの機種にするかは若干悩みました。結果としてデザインが好みで前から使ってみたいと思っていた ZenFone シリーズの中で最も安かった「ZenFone Live」というスマホを購入しました。一万円超えという痛い出費でしたが Apple ID や電話が使えないのは困るのでやむなしといったところです・・。

SIMフリースマホの到着と Apple ID の復活・修理手配

SIM フリースマホはお急ぎ便で予定通りの翌日に到着しました(ヤマトさんありがとう)。

SIM カードを iPhone から ZenFone Live に移し替えてスマホの初期設定を終えたところ、問題なく電話と SMS が使える状態になりました。Apple ID の 2 ファクター認証のコードも受け取れる状態になったため Apple ID へのログインもできるようになりました。

Zenfone Live

Genius Bar や Apple 正規サービスプロバイダの予約をしようと Apple のサイトから検索したところ、この時点で予約可能なのは最速で 3 日後あたりで、それより前では昼間など行けそうにない時間だったため、配送修理を選択しました。配送修理では時間帯を指定すると修理対象の iPhone を宅配業者の方が受け取りに来てくれます。

配送修理選択時の注意点としては iPhone から SIM カードを抜いておくこと、ケースなどのアクセサリをすべて外しておくこと、「iPhone を探す」をオフにしておくことです。今回 iPhone は使用できない状態でしたが、「iPhone を探す」は PC でブラウザから iCloud にログインし、オフにできました。

iPhone 集荷の際は梱包などを行っておく必要はなく、iPhone 本体を配達員の方に渡せばそれだけで OK でした。今回はヤマト運輸の配達員の方が申込みの翌日に、希望した時間通りに集荷に来てくれました(ヤマトさんありがとう)。

iPhone の修理待ち・交換機の到着

修理状況は Apple から送られてくるメールのリンクよりブラウザで確認できます。その他、こちらから発送した iPhone の配送状況は運送会社のウェブサイトから追跡でき、Apple の修理センターで受領されたときと、検査結果が出たときに改めてメールが送られてきます。状況確認の手段が充実していると感じました。

iPhone 修理状況

今回は結果的に製品の問題と診断されたようで最終的に交換品が送られてくることになりました。期間は修理の内容にも左右されると思いますが、今回は発送から交換品到着まで約 5 日で、以下のようなタイムラインでした。

  • 月曜日の夕方に発送
  • 木曜日に受領完了・修理開始の連絡
  • 金曜日に交換品発送の連絡
  • 土曜日の午前中に交換品の iPhone が到着

交換品の iPhone 8 は iOS 11.1.1 で故障前の iPhone のバックアップの iOS バージョンよりも古かったため、復元の際に「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ“iPhone8”はこのiPhoneの復元には使用できません。」というメッセージが出て復元できませんでした。

iPhone バックアップのほうが iOS が新し

交換品 iPhone を最初に新しい iPhone としてセットアップし、さらに iOS を最新にアップデートした上でバックアップから復元を行い、ようやく iPhone が使える状態になり、事なきを得ました。

iPhone 復帰完了

おわりに

iPhone の故障を初めて経験しましたが、修理のプロセス全般はとても整備されていると感じました。もしかしたら Genius Bar に持っていけば即日交換だったのかもしれませんが、今回は予約可能な日と時間帯との兼ね合いから、すぐに配送修理を選択してよかったと思っています。

教訓としては以下のものを得られたので、今後のためにはなりました。

  • バックアップを最後に取っていたのが 2017/12/03 でデータが少し古い状態に戻ってしまったので、バックアップはこまめに取る
  • 二段階認証は電話がないと詰むので、いざというときのために電話を冗長化しておく

尚、一時しのぎ及び電話冗長化の目的で買った Zenfone Live は格安スマホながら iPhone が使えない間、大活躍してくれました。こちらのレビューエントリも機会を見つけて書きたいと思います。