AWS SDK for .NETを使ってVB.NETでAmazon S3からダウンロード・アップロードする方法

AWS SDK for .NET and S3

Visual Studioが個人利用無料になったので、かねてから興味のあったAWS SDK for .NETを使ってみました。

公式リファレンスやサンプルにはC#の記述しかありませんでしたが、VB.NET(Visual Basic.NET)でも普通に使えたので、SDKのインストールから実際のWindowsアプリケーションでファイルをアップロード・ダウンロードする方法をサンプルコード付きでメモします。

続きを読む »

CodeZine様に「合格して顧客にアピール! AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトレベルの勉強法」を寄稿しました

CodeZine

AWS認定試験の勉強法のエントリを当ブログで公開したことをきっかけに、開発者のためのWebマガジンサイト「CodeZine」様から寄稿のお声がけを頂きました。

本日第一回目の「AWS認定試験に合格した勉強法を公開します! ~まずは試験の概要を知る」が公開されたのでご紹介します。

続きを読む »

松岡修造氏のオフィシャルサイトがパンクしないためにすべきだった対策を3つ考えてみた

松岡修造氏オフィシャルサイト 503

テニスの全米オープンで錦織圭選手が日本人初の決勝進出を決めたことで、同選手を支援してきた松岡修造氏のオフィシャルサイト(ブログ)が丸二日ほど非常に繋がりにくい状態となっています。

現在もつながりにくい状態が続いているため、サーバーがパンクしないためにすべきだった対策を3つ考えてみました。
続きを読む »

AWS SDK for PHP2を使ってAmazon DynamoDBのデータを読み書きするサンプル

DynamoDB logo

NoSQLデータベースはリレーショナルデータベースと性質が異なるため敬遠していましたが、AWSには「Amazon DynamoDB」という従量課金制NoSQLデータベースサービスがあります。

PHPからSDKを利用して使ってみたところ手軽にデータの読み書きができたので、利用方法をメモします。

続きを読む »

Google DomainsとAmazon Route53のドメイン登録料金を比較してみた

Google AWS domain eyecatch

6月の後半にGoogleが「Google Domains」というサービスでドメイン登録事業に参入することが話題となりました。そして2014年8月1日、AmazonもAWSのサービスの一部である「Amazon Route53」でドメイン登録が可能となったことを発表しました。

本日ちょうど「Google Domains」のベータ版サービス招待がきたので、「Amazon Route53」とドメイン登録料金を比べてみたのでメモします。
続きを読む »

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトレベルに独学で合格した勉強法

AWS認定試験 合格バッジ

AWS Summit 2014に参加してきたエントリにも書きましたが、同イベントで実施された「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトレベル」に合格することができました。

業務利用の経験はあまり長くなくほとんど独学での受験でしたが、勉強法をメモします。
続きを読む »

Amazon SESとAWS SDK for PHP2を使ってPHPでメールを送信する方法

PHPからメール送信したいシーンは多くあると思いますが、AWSのAmazon SES(Simple Email Service)というメール配信用サービスを使用する方法があります

AWSが提供している開発キット「AWS SDK for PHP2」を使いメールを送信するサンプルコードを、添付ファイルが無い場合とある場合それぞれについてメモします。
続きを読む »

AWS Elastic Beanstalkの既存の環境をT2インスタンスに置き換える方法

2014年07月1日より、Amazon EC2で新しいインスタンス「T2」が使用できるようになりました。CPU性能を常に必要としないアプリケーションの場合は従来のインスタンスよりも更に安い価格で利用できます。

そこで既存のAWS Elastic Beanstalk環境のt1.microインスタンスをt2.microインスタンスに置き換えてみたのでその手順をメモします。
続きを読む »

【追記あり】クラスメソッド株式会社ブログ(Developers.io)の記事下部にある謎の空白の正体

クラスメソッド ロゴ

クラスメソッド株式会社ではDevelopers.ioというクオリティの高い記事ばかりの技術ブログを公開されており、AWSやiOSに関わる方なら一度はお世話になったことがあると思います。

私も同会社およびブログのファンなのですが同ブログの個別記事には下のほうに空欄があり、ずっと気になっていました。調べてみたところ正体とおぼしきものが分かったのでご紹介します。
続きを読む »