PIXELAの「Xit mobile」がエラーで起動しない・視聴できない場合の対処法

PIXELAの「Xit mobile」ディスプレイやその他の使用機器が非対応、またはそれらの設定や接続に問題があるため映像・音声の出力を停止しました。映像デバイスを確認してください。

以下のエラーが出て PIXELA の「Xit mobile」が起動しない・・。テレビが視聴できない!

ディスプレイやその他の使用機器が非対応、またはそれらの設定や接続に問題があるため映像・音声の出力を停止しました。映像デバイスを確認してください。

筆者はピクセラの PC 用 TV チューナー「Xit Stick(XIT-STK110)」で、このエラーが発生してテレビが見られませんでした。

エラーを解決するために調査とピクセラ社へのサポートへ問い合わせを行い、結果的には自力で解決しました。

この記事では「Xit mobile」がエラーで起動しない・視聴できない場合について、以下を解説します。

  • 筆者の環境で効果のあった対処法
  • 筆者の環境では効果のなかった対処法(サポートに聞いたものも)
  • 効果のあった対処法を調べた方法

環境によって原因が異なる可能性がありますが、対処法の参考になるはずです。

PIXELAの「Xit mobile」で発生したエラーについて

PIXELA「Xit Stick(XIT-STK110) 全体

まずピクセラの PC 用 TV チューナー「Xit Stick(XIT-STK110)」でテレビを視聴するためのソフト「Xit mobile」で発生したエラーは以下です。

ディスプレイやその他の使用機器が非対応、またはそれらの設定や接続に問題があるため映像・音声の出力を停止しました。映像デバイスを確認してください。

ディスプレイやその他の使用機器が非対応、またはそれらの設定や接続に問題があるため映像・音声の出力を停止しました。映像デバイスを確認してください。

ソフトの起動時にこのエラーが出て、何度試してもテレビを視聴することができませんでした。

Xit mobile にはピクセラ社が提供する動作確認ツールがありますが、この動作確認ツールでは以下のようにすべての条件を満たしている状況です。

PIXELA「Xit Stick(XIT-STK110) 動作確認ツール

しかしかなり調査した結果、Xit mobile が起動できるようになりました。

PIXELAの「Xit mobile」エラーに対し、筆者の環境で効果のあった対処法

結論です。筆者の環境(Windows 10)で Xit mobile のエラーに対して効果のあった対処法は以下です。

はい、「Amazonプライムビデオ・・?なんで?」という感じですよね。筆者もそう思います。

しかし筆者の環境では、Amazonプライムビデオを開いた状態なら再現性 100% で Xit mobile が起動できました。

ちなみに Amazonプライムビデオのページを開くのは、Amazon にログインしていない状態でも OK です。

調べた方法と、原因と思われる点は後ほど解説します。

PIXELAの「Xit mobile」エラーに対し、筆者の環境では効果のなかった対処法

逆に筆者の環境で Xit mobile のエラーに対して効果のなかった対処法は以下です。

  • アプリケーションの初期化
  • アプリケーションのアンインストール・再インストール
  • ディスプレイドライバの最新化
  • 最新の Windows Update の適用
  • ディスプレイと PC の接続の方法を変える(DisplayPort、HDMI、USB Type-C)
  • 新しい Windows ユーザーでの起動
  • ウイルス対策ソフトを Off にする
  • 外付けスピーカーではなくディスプレイのスピーカーを使う

以下はピクセラのサポートの方に教えてもらった対処法ですが、同様に効果はありませんでした。

  • ディスプレイドライバのアンインストール・再インストール
  • パソコンのフォントサイズを、100%~150%の間で変更する

また、以下はディスプレイ側のバグによりファームウェアがアップデートできず、試せていません。

  • ディスプレイのファームウェアバージョンを最新にする

次は筆者の環境で効果のあった対処法に気づいた理由と、原因と思われる点です。

PIXELAの「Xit mobile」エラーの対処法に気づいた理由と、考えられる原因

「Xit mobile」エラーの対処法に気づいた理由は、エラーが出て起動できない場合と、確率は低いもののなぜか起動できる場合があったためです。

そこで、なぜか起動できたときの以下の状態を調べました。

  • タスクマネージャの状態
  • Xit mobile のログファイルの内容
  • ブラウザで開いていたページ

この結果、Chrome か Firefox で「Amazonプライムビデオ」を開いているときは、100% の再現率で Xit mobile が起動できることがわかりました。

これはブラウザのシークレットウィンドウでも同じで、Amazonにログインしていなくても OK です。

以下にツイートしましたが、かなり興味深い動きです。

一方で Amazonプライムビデオを開いているときも、以下の場合は Xit mobile が起動できません。

  • ブラウザで JavaScript をオフにしている場合
  • Chrome や Firefox ではなく、Microsoft Edge を使用している場合
  • ブラウザではなく Prime Video の Windows アプリケーションを使っている場合

JavaScript について、具体的にはAmazonプライムビデオで読み込まれているWebPlayerSDK.jsというスクリプトがブロックされていると Xit mobile は起動しませんでした。

PIXELAの「Xit mobile」とAmazonプライムビデオのWebPlayerSDK.js

いったん Xit mobile が起動してしまえば Amazonプライムビデオのページは閉じても OK です。ただし Xit mobile のウィンドウを最小化したあと元に戻すと、起動時と同じエラーになる場合があります。

また PIXELA社のサポートへ問い合わせたところ、「ディスプレイやその他の使用機器が非対応」のエラーは以下の場合に発生するとのことでした。

  • 「PC環境にてコンテンツ保護のある映像の出力に適していない」とみなされている場合
  • PC環境に依存した症状

上記を踏まえて考えると、おそらくは Amazonプライムビデオのページで読み込まれている JavaScript の何らかの処理が、Xit mobile の起動の際に「コンテンツ保護のある映像の処理」の判定に何らかの影響を及ぼしていると思われます。

なお Amazonプライムビデオ以外にも、ブラウザで開くと Xit mobile が起動できるようになるサイトがいくつかあることが確認できました。

(万が一何らかの対策がされてしまうと筆者は Xit mobile でテレビが見られなくなってしまうので、公開は控えます)

正直なところ筆者の環境では Amazonプライムビデオなど外部サイトの動作に依存しないとソフトが起動できないのは不本意ですが、今のところテレビは見られているので我慢しています。

ちなみに PIXELA社のサポートの方は質問に対し、かなり丁寧に回答してくださいました。

おわりに

PIXELAの「Xit mobile」がエラーで起動しない・視聴できない場合の対処法をもう一度まとめます。

  • まずは動作確認ツールで動作環境の確認を
  • ディスプレイドライバや OS を最新にアップデートしてみる
  • Amazonプライムビデオを Chrome か Firefox で開いた状態で起動を試してみる
  • PIXELA 社のサポートに問い合わせる

PC の環境はディスプレイ・ドライバ・OS・周辺機器などにより、様々な組み合わせが存在します。この記事で解説したのはあくまで一つの例ですが、参考になれば幸いです。

あなたが「ディスプレイやその他の使用機器が非対応」エラーでお困りの場合、以下のリンクからAmazonプライムビデオのページを開いた状態で Xit mobile を起動し、直るか試すことができます。

リンク:≫Amazonプライムビデオをブラウザで開く