【2020年版】アニメ「ダイの大冒険」第5話「アバンのしるし」の感想

【2020年版】アニメ「ダイの大冒険」第5話「アバンのしるし」の感想

こんにちは、fidnです。ダイの大冒険の約30年のファンです。

前回に続き、2020年版ダイの大冒険のアニメの第5話「アバンのしるし」を視聴しました。

うーん、神回でした。

原作との違いや心に残ったシーンをふまえて、長年のファンの視点で以下のスタンスで感想を書きます。

  • 原作や1991年版のアニメとネガティブな比較はしない
  • 監督・声優さん・作曲家さんなど制作陣をリスペクト

注意点としてこの記事はアニメだけでなく、原作のネタバレも含みます。

今回も原作すべてとアニメを見ていない方はこの先を絶対に見ないでください。後悔します。

原作とアニメを見た方は、続きをお読みいただければと思います。

2020年版アニメ「ダイの大冒険」第5話「アバンのしるし」の感想

第5話「アバンのしるし」の感想をまとめます。

  • 鼻水
  • 「貴様も死ぬんだぞアバン、それでいいのか!?」直後のシーン
  • 竜の紋章を発動後のダイ vs ハドラー戦はやはり神

以前に泣けるシーンランキングという記事でも書きましたが、このアバン vs ハドラー戦と、ダイ vs ハドラー戦はやはり何回見ても泣けます。

思わぬ演出があったこともあり、新アニメでも涙腺に来てしまいました。

続いて、それぞれの感想について詳しく書いていきます。

鼻水

ダイの大冒険に欠かせないのが鼻水です。新アニメでもポップやハドラーの鼻水が確認できる箇所がたくさんありました。

  • アバンのしるしを首にかけられる直前のポップ
  • メガンテを食らう直前のハドラー
  • イオラに耐えたあとのダイに対するハドラー

シリアスなシーンに鼻水が出てくるのは一見すると合わないようにも見えますが、それぞれの鼻水は以下のようにシーンの引き立て役になっています。

  • アバンとの別れを心から悲しむポップ
  • メガンテを使ってまで自分に立ち向かってくるアバンに恐れるハドラー
  • 魔法力をふりしぼったあとも、竜の紋章とともに立ち向かってくるダイに驚愕するハドラー

とくにハドラーは直前まで呪文や格闘でアバンを圧倒し、余裕すら見せていました。

そんなハドラーすらも恐れる状況であることが、「鼻水を垂らす」だけで一目でわかってしまうという、絶妙な描画です。

ポップの鼻水も、のちにバルジ島でハドラーと戦うときの「あのときの鼻タレ小僧か」につながってくる重要な伏線です。

「貴様も死ぬんだぞアバン、それでいいのか!?」直後のシーン

アバンがメガンテを唱える直前のシーンで、ハドラーから「貴様も死ぬんだぞアバン、それでいいのか!?」と聞かれるシーンがありました。

ここでアバンが一瞬だけためらうような表情をした後、カール王国のフローラ姫のカットインが入りました。

これはヤバい演出でした。

始めて見る方にとってはただの伏線の一つですが、原作を知っている人にはフローラ姫とアバンが以下のような特別な関係であることを思い出させるためです。

  • 元カール騎士団という経歴を持つアバン
  • 昔のハドラー戦の前にフローラ姫の「カールのまもり」と、アバンの「アバンのしるし」を交換した仲

今までダイやポップに見せてきたものとは大きく違うアバンの表情も、すべての力をふるい魔王に立ち向かっていく勇者そのものでした。

またメガンテを唱えた後の爆発はデルムリン島ごと吹き飛ぶのではないかというアニメーションで、以下が表現されていました。

  • メガンテの威力のすさまじさ
  • それに耐えたハドラーのヤバさ

このアバンのメガンテに関するシーンは、アニメが進めばあと 3 回は出てくるはずです。以下のシーンです。

  • ヒュンケルのグランドクルス
  • ポップ vs バラン
  • アバン vs キルバーン

まだまだ後のストーリーですが、これらのシーンがアニメーションで描かれる日が楽しみです。

竜の紋章を発動後のダイ vs ハドラー戦はやはり神

竜の紋章を発動後のダイ vs ハドラー戦、新アニメでもやはり神でした。

以下の素晴らしい流れが、アニメーションや音楽で引き立てられていました。

  • アストロンを自力でぶちやぶる
  • 呪文が使えないはずのダイがヒャダインでメラゾーマを迎撃
  • ハドラーのイオラに耐えた直後の、アバンストラッシュ!

ダイがヒャダインを唱えるときに流れたかっこいい BGM は、第 2 話でダイがキラーマシーンにベギラマを打つときにも使われていました。

やはりこの BGM はダイの大冒険の新しいテーマ曲と思われ、これからも敵との戦いの重要なシーンで流れることが期待できそうです。

またアバンストラッシュを打つ直前、ダイの胸のアバンのしるしがキラリと光ります。

これはアバンのしるしに使われている輝聖石に、(わずかながらも)力を高める効果があることを思い出させます。

ちなみに公式パーフェクトガイドブックによると、このときのダイのレベルは13でハドラーはレベル40です。ありえないレベル差です。

これも踏まえると、ダイの全身にみなぎるドラゴニックオーラの力に加えて、アバンが貸してくれた力を合わせてハドラーを倒すという最高の演出でした。

おわりに

第5話「アバンのしるし」の感想をまとめます。

  • 鼻水
  • 「貴様も死ぬんだぞアバン、それでいいのか!?」直後のシーン
  • 竜の紋章を発動後のダイ vs ハドラー戦はやはり神

これからも何回も見返したくなる神回でした。

第6話「獣王クロコダイン」の予告編ではマァムやクロコダインが登場し、早くもロモス編の新展開に突入しそうです。

クロコダインの声優さんや、戦いがどんなアニメで描かれるのか待ちきれません。

筆者はテレビを持っていませんが、2020年版ダイの大冒険のアニメをネット配信で楽しんでいます。最速でネット配信しているサイトは以下にまとめています。

ネタバレを含ますが、ダイの大冒険の泣ける名シーンは以下の記事にまとめています。