お部屋の雰囲気にあうウェットティッシュケース「TAOG」のレビュー

ウェットティッシュケース「TAOG」

インテリアに合うおしゃれなウェットティッシュケースが欲しいな・・

あなたがこんな風にお考えなら、あるウェットティッシュケースが候補になるかもしれません。

ウェットティッシュケースを試して 2 種類目で、見た目も機能も満足できるものに出会えました。

以前使っていた別のウェットティッシュケースでの失敗談とあわせて、「TAOG」というウェットティッシュケースのレビューをご紹介します。

ウェットティッシュケース「TAOG」とは

ウェットティッシュケース「TAOG」

h concept(アッシュコンセプト)という日本のメーカーがデザインコンサルティングを手掛ける「アイムディー(I’md)」というブランドが出しているウェットティッシュケースです。

聞いたことがないメーカーでしたが、公式サイトによると今治タオルのデザインも手掛けているようです。

今回選んだウェットティッシュケース「TAOG」は無地で単色というシンプルさですが、おしゃれでスリムな見た目なので置く場所を選ばないのが特徴です。

ウェットティッシュケース「TAOG」使うところ

高さは 21cm ぐらいで、ペットボトルとほぼ同じです。

ウェットティッシュケース「TAOG」高さ

使い方は簡単で、フタをはずしてつめかえ用のウェットティッシュを入れるだけです。

ウェットティッシュケース「TAOG」ティッシュセット

入れたウェットティッシュをつまんで、フタの裏から出したらフタをもとに戻します。

ウェットティッシュケース「TAOG」入れる

私は別のウェットティッシュケースを使っていましたが、ある理由から「TAOG」に乗り換えました。

ウェットティッシュケース「TAOG」以前のケースと比較

なぜ乗り換えたのか、その理由とともに良い点といまいちな点をご紹介していきます。

ウェットティッシュケース「TAOG」を使うと、日常生活がこうなります

おしゃれでお部屋のインテリアにマッチする

ウェットティッシュケース「TAOG」机の上に

なんといっても見た目がオシャレでインテリアの外観を損ないません。

一般的なウェットティッシュだと、以下のようなお店で手に取ってもらうための派手なパッケージになっているものが多いです。

しかし部屋に置くとなると、ちょっと他の家具との雰囲気に合わないかな・・と思いませんか?

「TAOG」の場合は無地でシンプルで、色も選べるのでインテリアにマッチさせやすい見た目です。

ブラックほかにキッチンや洗面所に置いても違和感のないホワイトもあります。

ウェットティッシュの取り出しが引っ掛かりにくい

ウェットティッシュケース「TAOG」出したところ

「TAOG」だとウェットティッシュをスムーズにスーッと取り出すことができます。

これが以前使っていたウェットティッシュケースから買い換えた大きな理由です。

参考として前まで使っていたウェットティッシュケースと取り出し口を比較したものは以下です。

ウェットティッシュケース「TAOG」以前のケースとの比較

前まで使っていた右側のウェットティッシュケースは取り出し口がプラスチックだったため、ウェットティッシュを取り出すときに引っかかりました。

このため強く引っ張らないといけないことがけっこうな頻度でありました。

一方で左側の「TAOG」は取り出し口がシリコーンゴムでできており、ウェットティッシュをスムーズに取り出すことができます。

ウェットティッシュを取りかえるときや、取り出すときのストレスが激減しました。

ウェットティッシュケース「TAOG」のいまいちなところ

ブラックの色がこげ茶に近い

ウェットティッシュケース「TAOG」上から見た

公式サイトや Amazon では「ブラック」や「ホワイト」などのカラー展開があります。

ブラックを購入しましたが、実際の見た目は黒に近いこげ茶という感じです。

以下のような木製のラックに載せて使えば、色はあまり気にはなりません。

ウェットティッシュケース「TAOG」棚に乗せたところ

しかし黒い色の家具が多くて色を合わせたい場合、わずかな色の違いが気になるかもしれません。

ウェットティッシュケース「TAOG」がおすすめなのはこんな人

ウェットティッシュケース「TAOG」サイド

ウェットティッシュケース「TAOG」は、以下のような方におすすめです。

  • インテリアにあわせたおしゃれなケースを使いたい方
  • ウェットティッシュの取り出しでストレスを感じたくない方

部屋の雰囲気を壊さないことだけでなく、取り出すときの使い勝手も大事だと思う方に向いています。

ウェットティッシュケース「TAOG」がおすすめできないのはこんな人

逆にウェットティッシュケース「TAOG」は、以下のような方にはおすすめできません。

  • ケース付きやボトルタイプのウェットティッシュのほうが好みな方
  • とくにインテリアにこだわらない方

ウェットティッシュはパッケージそのままでいいという方は、わざわざ買う必要はないと思います。

ウェットティッシュケース「TAOG」の値段は安い?高い?

ウェットティッシュケース「TAOG」の値段は 2019年8月の時点で 2,000円(税抜)です。

これだけでお部屋の印象が少し変わることを考えれば、高くはない買い物だと思います。

またケースがあれば、ボトルではなくつめかえ用のウェットティッシュを用意するだけで OK です。

ウェットティッシュケース「TAOG」はこんな形で届きます

ウェットティッシュケース「TAOG」パッケージ

今回は Amazon で購入しました。普通の段ボールに入って届きます。

パッケージは画像のとおり、袋に入っただけの簡素なものになっているので取り出すだけです。

裏面には使い方もちゃんと書いてあります。

ウェットティッシュケース「TAOG」裏面の使い方

おわりに

ウェットティッシュケース「TAOG」の魅力をもう一度まとめます。

  • おしゃれでお部屋のインテリアにマッチする
  • ウェットティッシュの取り出しが引っ掛かりにくい

雰囲気をちょっと変えてくれるウェットティッシュケースを、あなたのお部屋にも置いてみてはいかがでしょうか。