Ad-hoc用にiOSアプリをアーカイブしたとき「missing ios distribution signing identity」エラーが出る場合の対処法


missing ios distribution signing identityエラー

久々にiOSアプリを配信しようとArchiveしたところ、先日まで正常にipaファイルを作成できていたはずなのに突如「missing ios distribution signing identity for “組織名”」というエラーが出てipaファイルが作成できなくなってしまいました。

原因を突き止め、ipaファイルを作成できるところまでこぎつけたので、対処方法をメモします。

ipaファイルが作成できなくなったエラーの内容

XCodeでArchiveすると、ビルドは通りますがExportした後以下のように「missing ios distribution signing identity for “組織名”」というエラーが出て先に進めません。

missing ios distribution signing identityエラー

証明書やプロビジョニングプロファイルは有効期限内のものを使用しているのにもかかわらずです。

解決方法

結論としては、有効期限の切れた「Apple Worldwide Developers Certification Authority」を削除することでipaファイルが作成可能となりました。以下は有効期限の切れた証明書を削除して問題解決するまでの流れです。

キーチェーンアクセスの「表示」⇒「有効期限の切れた証明書を表示」を選択し、有効期限が切れた証明書が表示されるようにします。
有効期限の切れた証明書を表示

キーチェーンの「ログイン」より有効期限が切れた「Apple Worldwide Developers Certification Authority」を右クリックし、「”Apple Worldwide Developers Certification Authority”を削除」を選択して証明書を削除します。
ログインから"Apple Worldwide Developers Certification Authority"を削除

同様にキーチェーンの「システム」からも有効期限が切れた「Apple Worldwide Developers Certification Authority」を削除します。
システムから"Apple Worldwide Developers Certification Authority"を削除

XCodeを再起動し、再度アプリをArchiveするとエラーが出ずにipaファイルをエクスポートする画面に進むことができます。
missing ios distribution signing identityエラーの解消

おわりに

原因不明なエラーはXCodeやMacの再起動で直ることもありますが古い証明書が原因というのは盲点でした。

一年前にiOS Developer Programを更新したときは出なかった気がするのですが、更新の際には古い証明書の削除も作業に含めようと思います。