incaseのリュック「ICON Slim Backpack」を半年以上使った感想・レビュー

incase ICON Slim Backpack woolenex レビュー

ITエンジニアやデザイナーの方は、ノートパソコンを持ち歩くことが多いと思います。

しかしノートパソコンは重く、リュックに入れていてストレスになることはありませんか?

ノートパソコンの持ち運びにいいリュックがないか探し、2018 年のおわりごろに incaseのリュック「ICON Slim Backpack」を買ってみました。

半年ほど使ってみて快適なので、写真や実際に使ってみた感想をご紹介します。

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」とは

incase ICON Slim Backpack woolenex 全体

1997年に設立した incase というブランドが出しているリュックです。

incase は Apple 社の公認ブランドとなっており、Apple Store でもケースやスリーブが取り扱われています。

日本の公式サイトでも Apple を使って創造する人向けであることが書かれています。

我々はAppleを使って創造する人々のライフスタイルに深く根付き、これを専念することにより、ユーザーの進化し続けるニーズに集中することができ、クリエイティビティと起業家精神を研ぎ眇めながら、絶えず商品提供を行っています。

ノートパソコンの大きさは 15インチMacBook Pro まで対応しています。

日本にも公式サイトがありますが、アメリカの incase 公式サイトのほうが安かったので私はアメリカのほうから買いました。

なお私は Windows の 13 インチのノートパソコンを入れていますが、問題なく使えています。

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」のここがいい!

背中にフィットするデザインでノートパソコンの持ち運びがラク

incase ICON Slim Backpack woolenex 背中側

実際にリュックを背負ってみると感じますが、背中に入っているパッドやショルダーストラップのフィット感が心地いいです。

このためノートパソコンが入っていても重さやストレスをあまり感じません。

この感覚はショルダーストラップが人間工学に基づいて設計されているためだと思います。

デザインがシンプルでオシャレ

incase ICON Slim Backpack woolenex 全体2

Apple 公認なだけあって、デザインがシンプルでオシャレです。

私は「ICON Slim Backpack With Woolenex」という、黒に近いグレー(Graphite)のタイプを使っています。

Woolenex はポリエステルですがコットンのような見た目で、撥水コーティングもされておりで乾きやすい素材です。

葉っぱのマークが入った incase のロゴも背面にちょこんと入っているだけで、主張しすぎないのも良いです。

incase ICON Slim Backpack woolenex リーフロゴ

背中は自分から見えない部分ではありますが、オシャレなものを持っているだけで背負うのがちょっと楽しみになります。

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」の使い勝手

メインコンパートメント(一番大きいところ)

incase ICON Slim Backpack woolenex メインコンパートメント

メインの収納部分です。一番広い空間とは別に大きなポケットが付いています。

13 インチのノートパソコンならここに入ってしまいます。

incase ICON Slim Backpack woolenex メインコンパートメントのポケット

本当はノートパソコンを入れるメインは別のところですが、電源などと一緒に出し入れできて便利なので、いつもここにパソコンを入れています。

サブコンパートメント(ノートパソコンを入れるところ)

incase ICON Slim Backpack woolenex サブコンパートメント

背中に当たる部分にサブの収納があります。中は起毛素材でやわらかく、ノートパソコンは本来ここに入れます。

ここが 15インチMacBook Pro まで対応しています。iPad や厚さがない本などを入れておくにも良いです。

アメリカ旅行のときはここにパスポートを入れておきました。この収納はリュックを背負っていれば簡単には開けられないので安心です。

ポケット

ポケットは全部で 4 箇所あります。

リュック表側のポケットです。9.7 インチの iPad がギリギリ入らないぐらいのサイズ感です。

incase ICON Slim Backpack woolenex 外側のポケット with iPad

iPad を出して比べてみるとこんな感じです。

incase ICON Slim Backpack woolenex 外側のポケットiPadとの比較

iPad よりも少し小さめのタブレット、ウエットティッシュなどの小物、ペンを入れるポケットにボールペンなどをしまっておくことができます。

incase ICON Slim Backpack woolenex 外側のポケットのペン入れ

リュック上部のポケットです。ここは小さいので、ケーブル類などのちょっとしたものを入れるのに便利です。

incase ICON Slim Backpack woolenex 上部のポケット

最後はサイドに 2 か所ついているポケットです。これらのポケットはリュックを背負ったままでも開け閉めできます。

incase ICON Slim Backpack woolenex サイドポケット

iPhone 8 がギリギリ入るサイズ感なので、より大きな iPhone X などは入らないかもしれません。

incase ICON Slim Backpack woolenex サイドポケット with iPhone8

ここもケーブル類や小銭入れ、鍵などの小物をしまっておくのに便利です。

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」のいまいちなところ

そこそこいいお値段がする

デザインがおしゃれで機能面も優れているものの、残念ながら日本円だと 2 万円以上といいお値段です。

とはいえリュックは頻繁に買い換えるものではないと思います。

いいものを長く使いたいというスタイルの方には、この値段を出す価値があると思います。

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」がおすすめなのはこんな人

ICON Slim Backpack はこんな方におすすめです。

  • ノートパソコンやタブレットを持ち歩くことが多い
  • 今使っているリュックに疲れを感じている
  • スーツにも違和感のないデザインのリュックが欲しい

とくに背中のフィット感は、一度味わったらやみつきになると思います。

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」がおすすめできないのはこんな人

逆に以下のような方には ICON Slim Backpack はおすすめしません。

  • ノートパソコンやタブレットを持ち歩かない
  • 色が多く使われたカラフルなファッションが好み

ベージュやレッドなどの色もありますが、カラフルなファッションが好みの方には向いていないと感じます。

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」はこんな感じで届きます

最後に、incaseのリュック「ICON Slim Backpack」をアメリカの公式サイトから買って届いた時の状態はこんな感じでした。

incase ICON Slim Backpack woolenex 段ボールで到着

ごく普通にダンボールで届きます。

おわりに

incaseのリュック「ICON Slim Backpack」の魅力をもう一度まとめます。

  • 背中にフィットするデザインでノートパソコンの持ち運びがラク
  • デザインがシンプルでオシャレ

ノートパソコンを持ち運ぶ機会が多い方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。