【格安SIM】mineoからOCNモバイルONEに乗り換えた理由【月1,180円】

mineoからOCNモバイルONEに乗り換えた理由

家に Wi-Fi あるしスマホの通信量、月に 3GB も使わないな・・もっと安くしたい。でも 500 MB だと不安だな・・

こう考えて格安 SIM をいろいろ比較し、結果としてOCNモバイルONEに乗り換えました。

今のところ全く問題なく使えており、ダウンロードも少し速くなりました。

スマホ通信料をなるべく安くしたい方のために、以下のような比較をまとめます。

  • 数ある格安 SIMから OCN モバイルONEを選んだ理由
  • mineoとOCNモバイルONEの違い
  • 乗り換えにかかる費用と注意点

毎月の支出を無理なく減らし、貯金したりほかのところにお金を使う参考になるはずです。

mineoからOCNモバイルONEに乗り換えた理由

乗り換える前は mineo の Dプラン(ドコモ回線)3GB を使っていました。

以下の理由から mineo から OCNモバイルONE に乗り換えました。

  • 家や会社に Wi-Fi があり、月に 3GB も通信量を使わない
  • とはいえ 500 MB だと不安なので、1GB は欲しい
  • 1GB の月額が1,180円(税別)と安く、3GB プランでも mineo より安い
  • 容量の繰り越しもできる

MNP できるので、今までの電話番号はそのまま使えます。

税込みでもユニバーサルサービス料 3円を合わせて月 1,301円です。

さらに大手の NTT コミュニケーションズが提供しているという安定感もあります。

実際の料金など、比較した内容も解説していきます。

mineoと他の格安 SIM(OCNモバイルONE含む)料金の比較

乗り換えを検討した格安 SIM と、mineoやOCNモバイルONEの比較をまとめました。

以下の表の料金は税別で、すべて音声通話 SIM の場合のプランです。

格安SIM 500MB 1GB 3GB
OCNモバイルONE なし 1,180円 1,480円
mineo 1,400円 なし 1,600円
LINEモバイル 1,100円 なし 1,480円
BIGLOBEモバイル なし 1,400円 1,600円
ロケットモバイル なし 1,250円 1,400円
LinksMate 1,070円 1,100円 1,620円

ほかの格安 SIM も検討しましたが、料金が高かったり従量課金のところは省略しています。

500 MB だと不安なので1 GB プランで考えると、LinksMate が最も安いです。

しかし「やっぱり 3GB に戻したい」場合、LinksMate は逆に mineo よりも割高になってしまいます。

このため 1GB プランの料金が 2 番目に安く、3 GB プランでも安い OCNモバイルONE を選ぶことにしました。

今回 mineo の 3GB から OCNモバイルONEの 1GB に変えたので、月額で 420円も安くなりました。

mineoとOCNモバイルONEの違い

mineoとOCNモバイルONEの料金以外の主な機能をまとめた表は以下です。

項目 OCNモバイルONE mineo
回線 ドコモのみ ドコモ、au、ソフトバンク
解約違約金 なし なし
制限時通信速度 200kbps 200kbps
その他 MUSICカウントフリー機能あり フリータンクやマイネ王などの独自サービス

mineoは3大キャリアから回線を選ぶことができ、「フリータンク」という機能で通信容量をほかの mineo ユーザに分けたり、逆にもらったりできます。

しかし私の場合はこれらのメリットを活かす機会がなく、無くても困りません。

  • SIMフリースマホなので回線はどこでもいい
  • フリータンクやマイネ王の機能も使っていない

一方でOCNモバイルONEは Amazon Music などで、音楽ダウンロードの容量がカウントされない「MUSICカウントフリー」が無料で使えます。

mineoもOCNモバイルONEも 2019年の指定日以降の申し込みの場合、解約に違約金は発生しません。

mineoとOCNモバイルONEの通信速度の比較

東京都内でmineoとOCNモバイルONEの通信速度を比較しました。1回のみの計測です。

まずは mineo の場合です。

  • 11.7Mbps(ダウンロード)
  • 10.2Mbps(アップロード)

mineoのスピードテスト

次に OCNモバイルONEの結果です。

  • 22.2Mbps(ダウンロード)
  • 7.04Mbps(アップロード)

OCNモバイルONEのスピードテスト

同じドコモ回線ですが、ダウンロードは OCNモバイルONE のほうが 2倍ほど速い結果となりました。

アップロードは mineo のほうが若干速かったです。

mineoからOCNモバイルONEへの乗り換えにかかる料金と注意点

mineoからOCNモバイルONEへの乗り換えにあたって、以下の料金がかかります。

  • mineoのMNP転出手数料:3,300円(税込)
  • SIMカード手配料:433.4円(税込)
  • OCNモバイルONEの初期手数料:3,300円※(税込)

※初期手数料はエントリーパッケージを買ってネットから申し込めば発生しません。

エントリーパッケージは音声SIMやデータ通信SIMの申し込みには対応していますが、スマートフォン端末セットの場合は使えない点に注意が必要です。

エントリーパッケージは Amazon で 300円ぐらいで買えます。

注意点として mineo の D プランを使っている場合、SIMカードは解約時に返却する必要があります。

Q.解約時にSIMカードの返却は必要ですか?
ドコモプラン(Dプラン)の場合
ご返却をお願いします。返送先住所は、下記のとおりです。返却時の送料は、お客さま負担にてお願いします。

私は普通郵便で返却したので、mineoのSIMカード返送料に 84円かかりました。

おわりに

格安SIMをmineoからOCNモバイルONEに乗り換えた理由をまとめます。

  • 家や会社に Wi-Fi があり、月に 3GB も通信量を使わない
  • とはいえ 500 MB だと不安なので、1GB は欲しい
  • 1GB の月額が1,180円と安く、3GB プランでも mineo より安い
  • 容量の繰り越しもできる

以下のような方には、OCNモバイルONEは料金と容量のバランスが良い格安 SIM です。

  • 家の W-Fi を主に使う方
  • 外出する機会があまり多くない方

税込みだと月額462円も節約できたので、浮いた分を Amazonプライムなどの別の月額課金サービスの足しにできました。

OCNモバイルONEの料金を見てみる