Kindle for PC でコレクション機能を使用する方法

Kindle

Kindle のコレクション機能では Kindle コンテンツを分類することができますが、日本語版の Kindle for PC にはこの機能が見当たりません。

設定を変更することで Kindle for PC でコレクション機能を使うことができたのでメモします。

このエントリの目的

このエントリを読んでいただくと以下がわかります。

  • Kindle for PC でコレクション機能を使うための設定方法
  • クラウドコレクションと Kindle for PC コレクションの同期の可否

日本語版の Kindle for PC でのコレクション機能の使用可否について

Kindle for PC のバージョン1.25.1(52064)の時点では、日本語版の Kindle for PC ではコレクション機能を使うためのメニューやオプションは見当たりません。

Kindle for PC でコレクション機能を使用する方法

言語の設定を英語にすることでコレクション機能を使うことができます。

「ツール」→「オプション」を開きます。
Kindle for PC ツール→オプション

「言語」で「ユーザーインターフェイスの言語」より「English」を選択し、「保存」します。
Kindle for PC ユーザーインターフェースの言語変更

「言語を変更するには、アプリを再起動してください。」と表示されます。すぐにアプリケーションを再起動する場合は「今すぐ再起動」、あとから再起動する場合は「後で再起動」を選択します。
Kindle for PC アプリケーションの再起動

アプリケーションを再起動した後、ユーザーインターフェイスが英語に変わり、左側に「Collections」メニューが出現します。
Kindle for PC コレクション

コレクションの作成

「Collections」の横にある「+」ボタンから「New Collection」を選択することで新規コレクションを作成することができます。

Kindle for PC New Collection

コレクション名には日本語も使用可能です。
Kindle for PC コレクションの作成

コレクションに本を追加

本をコレクションに追加するにはコレクションに追加したい本を右クリックし、「Add/Remove from Collections」→「コレクション名」を選択します。
Kindle for PC コレクションに本を追加

コレクションを選ぶと、本が追加されていることを確認できます。
Kindle for PC コレクションに本が追加された

クラウドコレクションとの同期やインポートは可能?

「Collections」の横にある「+」ボタンには「Import Collections」メニューがあります。
Kindle for PC Import Collections

しかしながら「Select device(s)to import collections from」でデバイスを選択しても、既に作成済みのクラウドコレクションは Kindle for PC にインポートされませんでした。
Kindle for PC コレクションのインポート

調べてみた限りでは海外の Amazon フォーラムに同じような情報がありました。Kindle for PC ではクラウドコレクションはサポートされていないようです。

The Paperwhite uses Cloud Collections, which are backed up to your account and will automatically sync with any other devices you have that also support Cloud Collections. Unfortunately, the Kindle for PC app does not support Cloud Collections. Any Collections you create on the PC app are local and won’t sync with your Paperwhite. The import option is a leftover feature that allows a one-time import from older devices.

このため、残念ながら Kindle Papwrwhite など別の端末とコレクションを同期することは現状できないようです。

おわりに

他の端末とコレクションを同期できないのは残念ですが、Kindle for PC 内のみであれば書籍を分類することは可能です。

日本語版の対応やクラウドコレクションとの同期の対応に期待したいです。