【レビュー】iPhone6/6s/Plusに戻るボタンを追加できる強化ガラスフィルム「STEALS BUTTON GLASS」が凄い!


STEALTH GLASS BUTTON

iPhoneは初代よりホームボタン一つというシンプルな構造ですが、昨今の大画面の流れからAndroidのような戻るボタンがあったら便利だなと思うこともあります。

そんなときiPhoneにソフトウェアボタンを2つ追加できる画期的なガラスフィルム「STEALS BUTTON GLASS」なるものの存在を知りました。さっそく購入して試してみたのでレビューします!

STEALS BUTTON GLASSとは

iPhoneのホームボタン左右にソフトウェアボタンを2つ追加できる強化ガラスフィルムです。厳密にはボタンを追加するというよりもホームボタンの左右のエリアをタップすると画面上部が反応するというものです。

iPhone6 ステルスボタンガラス 仕組み

iOSのUI的に画面の左上に戻るボタンがあるアプリが多いため、左側を押すと戻るボタンのような動作をしてくれるというわけです。

私が購入したのはiPhone6(4.7インチ)用のものですが、iPhone6 Plus用のものも発売されています。また最新のiPhone 6sにも対応しています。

開封&内容物一覧

強化ガラスフィルムとしてはなかなかいい値段をするだけあってしっかりしたパッケージです。ハイテクそうな雰囲気を醸し出しています。
iPhone6 ステルスボタンガラス

パッケージ裏面です。静電容量の変化を伝達するという仕組みが説明されています。また気泡防止・指紋防止・防汚コートなど、フィルムとして基本的な機能も一通り兼ね揃えています。
iPhone6 ステルスボタンガラス 仕組み

内容物です。強化ガラスフィルム本体、画面を拭くためのアルコールシート、メガネ拭きのような布が付属しています。青いシールのようなものは用途がよく分かりませんでしたが、おそらくフィルムを貼る前にホコリを除去するためのものだと思います。
iPhone6 ステルスボタンガラス 内容物

フィルム装着

フィルムを装着したiPhone 6です。フィルムを貼るときに多少気泡が残っても指で押し出せばキレイに気泡が消えるため、不器用な私でもうまく貼ることができました。画面の反射を見れば分かる通り、まるでフィルムを貼っていないかのような透明度です。
iPhone6 ステルスボタンガラス 装着

iPhoneの電源を入れた場合です。透明度が高く見た目には全く問題ありません。
iPhone6 ステルスボタンガラス 電源ON

擬似ボタン機能(タッチ連動機能)の使い心地は?

気になる擬似ソフトウェアボタン機能ですが、うまく反応させるのには若干のコツがあります。通常のタッチのように指の先だけでタッチすると3回に1回ぐらいの反応率ですが、指の腹全体を使うようにタッチするとほぼ100%反応します。

以下は擬似ボタン機能(タッチ連動機能)を実際に使ってみたときの動画です。ホームボタンの左右が上部の左右のメニューと連動しているのがお分かりいただけると思います。

今までにない操作のため若干慣れるのに時間がかかりそうですが、ホームボタンを二回タッチして画面上部を下げる片手モードを使う手間が減りそうです。

おわりに

正直なところあまり期待していませんでしたが、思った以上に反応が良く見た目もキレイでiPhoneに新しい操作感をもたらす画期的なフィルムでした。iPhoneユーザに対しては話のネタにもなるというオマケつきです。

iPhone 6/Plusをそのまま使い続ける人にも新しいiPhone 6s/6s Plusを購入する人にもオススメです。