pepper tech festival 2014参加レポート(午後・展示ブース編)


pepper tech festival 2014

9月20日にベルサール渋谷ガーデンで開催された「pepper tech festival 2014」午後の部と展示ブースの内容を、写真や動画を含めてご紹介します。

午前編はこちらのエントリでご紹介しています。

メインイベントの内容

光と音のオーケストラ

Pepperがタクトを振るとチームラボ社のiPhone/Androidアプリ「FLASH WAVE」が連動し、会場内参加者のスマホのフラッシュが次々に光るという素敵なショーでした。

アプリは機内モードで動作し、参加者の位置を音で測定していたようです。Pepperも凄いのですがアプリ「FLASH WAVE」もどういう仕組みなのか気になります。

パネルディスカッション「Pepperのいる未来」

Google Developer Expertの安生真氏、大阪大学基礎工学研究科教授の石黒浩氏、チームラボ代表の猪子寿之氏、明和電機の土佐信道社長による「Pepperのいる未来」についての自由な雰囲気のトークでした。
Pepper トークセッション
全体的にとても面白い内容でしたが特に石黒氏が話されていた、「Pepperが複数台いて勝手に喋っており、自分は孤立したい」という内容がとても面白く興味深かったです。ロボットが普及すると本当にそんな未来も来るのかもしれません。

ちなみにpepper2台に人間1人という構図は「1→10design」の展示ブースで「pepperとpepperとあなた」というデモで既に実現されていました。

技術セッション(基本、応用)

SDKを使ったPepperの開発について基本と応用に分けて説明がありました。開発環境はGUIベースでプログラマーでなくてもプログラミングレスで簡単にロボットクリエイターになれる点が強調されていました。

pepperの開発には「Choregraphe」というGUIアプリケーションを使用し、Windows、Macなどマルチプラットフォームで動作するとのこと。
Pepper Choregraphe
開発環境からPepperに動きを命令するだけでなく、Pepperの実機を人間が動かしてその動きを記憶し、再現することも可能なようです。例えばPepperの手を持ち上げたりなどの動作は複雑なプログラミングをしなくても実現可能です。
Pepper 開発環境
またPython、Java、C++によるリモートプログラミングも可能であるようです。
Pepper リモートプログラミング
プログラムされた動作でpepper自身の手が体にぶつかりそうなときはフレームワークに組み込まれた自傷回避機能が自動で働き、ぶつからないようになっているとのこと。またpepperを無理に倒そうとしたときは自動バランス機能や緊急停止機能も働くようです。
Pepper 制御機能一覧

トークセッション「クリエーターから見たPepper開発事情」

バイバイワールドの高橋征資氏とシンキョンホン氏、1→10designの永井健一氏と笹江幸弘氏による、プロトタイプの時点からPepperを使ったプロモーションや開発に携わっているクリエイター視点でのトークセッションでした。

プレゼント抽選発表・クロージング

9月20日当日にPepperを一台限定で、世界最速で自宅にお持ち帰りできる抽選会がありました。当選者はタダではなく3ヶ月間無料で使用できるとのことです。

運良く当選された東京都の方は「奥さんにどう説明しようか考えなくてはいけない」とコメントされていました(笑)

展示ブース

ヤマハ株式会社

歌詞を入力すると自動でメロディを作成するネットサービス「VOCALODUCER」と連動し、pepperが歌を歌うデモが行われました。

1→10design

2台のpepperと1人の人間が会話するとどうなるかのデモが行われました。

ユカイ工学株式会社

pepperにしてほしいこと(ライトつけて、テレビつけて、あつい、さむい等)を話しかけると、pepperが赤外線学習リモコン(IRKit)を使ってそれを実行してくれるデモが行われました。

会場では「テレビ消して」と話しかけるとpepperがリモコンで実際にテレビを消してくれました。

ヤフー株式会社

pepperのおでこのセンサーにバーコードを見せるとその商品をYahoo!ショッピングで買ってくれるデモが行われました。私が見た時は残念ながら商品が見つからなかったようです。

IBM

IBMの質問応答システム「Watson」と連動し、問いかけたことに対しpepperが答えてくれるデモが行われました。

明和電機

pepperが太鼓を演奏するデモが行われました。pepper以外の機械と連動しての演奏も行われたようです。

戦利品など

Tシャツ、缶バッジ、ステッカーなどがもらえました。また先行公開のSDKが入っているUSBも入手出来ました。
Pepper 戦利品

おわりに

festivalという名の通り、人間ロボット問わず活気のあるイベントでした。また撮影とソーシャルでの拡散をガンガンして盛り上げるという方針に時代を感じました。

Pepperはオープンなプラットフォームとのことなので、今後のSDK一般公開やアプリストアの公開で世の中がどう変わっていくのかが楽しみです。